読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このつまらない世界に終止符を

旧:引きこもり女子の上京ブログ。つまらない人生から脱却すべく、面白いことを見つけては一生懸命にやるブログ。死んだ目をしたすべての人に…

終電を逃し深夜の踏切で嫌な写真が撮れた日

東京生活 自由
最初に言っておくけど、この記事はあんまり見ない方が良いと思うよ!
 
 
 

先日、終電を逃してお家まで歩く事件があった。


まぁ、実はちょっと終電逃すって経験してみたかったのですよ。人生で終電逃したことなんてないもん!そもそも沖縄に電車ないから!モノレール、もといゆいレールしかないから!!
 
 
家までの距離8キロ。
 
Googleマップさんによると1時間40分で着くらしい。
 
まぁ、学生時代12時間歩いたことある私には軽い距離デスよ。
 
途中コンビニ寄って肉まん買ったり、またコンビニ寄ってサンドイッチ買ったり、またまたコンビニ寄って暖かいココアを買ったりしたので2時間くらいかかっちゃったんだけど。
 
その途中で見た深夜の踏切が好きだった。
 
 
 
いや、今まで踏切とか見たことないからさ、ドラマや映画でしか見たことないからさ、しかも深夜の踏切じゃん?
なんかドキドキしちゃった。
 
 
それがこちら

 

f:id:naruki_h:20160210042741j:image
 
踏切を見なれてる都会っ子からしたら「だからなに?」みたいな写真かもしれないけど、、、私には別の世界へ続く道に見えたの!
 
なんかジブリの世界や、筒井康隆の小説の中に通じそうな感じ。。。。
 
 
 
伝われこの想い!!!
 
よく分かんないSFの世界に通じてそう!行きたい!!
 
 
そしてこれ
 
f:id:naruki_h:20160210042716j:image
 
この写真ね、よく見ると
右に白いTシャツ着てる人が立ってる
 
 
 
 
ように一瞬見えない?
 
いや、気のせいなんだけど。
私人に見えてすごいビビっちゃって、怖いからこの写真あんまり直視できないの。
 
 
一度そう見えると違うって分かってても白いTシャツっぽいのが気になって何回も見ちゃうんだよね。
その度「違う。大丈夫、人じゃない。大丈夫、人じゃない。」って自分に言い聞かせてる。
 
 
こわい。
 
この写真が携帯に入ってるのがなんか嫌だ。
 
消したい。
 
 
でもこの踏切の感じは好き
 
 
でもこわい。消したい。
 
 
 
 
じゃあ、ブログにアップしちゃえばいいじゃない。ブログにアップして携帯からは消せばいいじゃない。
 
っていうね!
 
 
ブログってそんな使い方が出来るんだなぁ(棒読み)
 
 
そしてこの記事を見た人もまた私のようにこの写真を見るたび白いTシャツらしきものが気になってそこばかり見てしまうようになる。
 
そんな呪いです。
 
 
 
 
 
そんな感じで深夜の踏切には不思議な魔力があるような気がしました。
 
吸い込まれないように気をつけよう。