読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このつまらない世界に終止符を

旧:引きこもり女子の上京ブログ。つまらない人生から脱却すべく、面白いことを見つけては一生懸命にやるブログ。死んだ目をしたすべての人に…

エロでバズ取ったって言われて傷付いた理由

とあるアラサー女の思考 ブログの話 とあるアラサー女の思考-恋愛・人間関係

はてなでブログを始めてから「バズる」ことを目標にしてた。

「バズ」には明確な定義はないけれど、私の中で決めていた定義は「100ブクマ」取ることだった。はてなブックマークを100取れば「バズった」って胸を張っていいって自分で決めていた。

 

自分が書きたい記事を自分なりに書いてバズりたい。

私はそんなにブログセンスがある方ではないと自負している。。

周りのセンスある人を見て悲しくなることも沢山あったし、ブログを止めようと思ったことも何度もあった。けどやっぱりやりたいことではあるし「ブログを続けることも一種の才能」という話を聞いて、その才能だけはあるんだと信じて続けてきた。

 

 

何度も言うけれど・・私はあまりブログセンスがあるわけではない。ブログ始めて数ヶ月でバズってるような神レベルのブロガーたちがたくさんいる中、もうすぐ1年になるのに全然バズれずにいた。それでもこの戦場で戦って、いつかバズりたい!100ブクマ取りたい!と思ってた。

 

 

 

そんな中、先日やっと初めて・・・・・念願の100ブクマを取ることができた!

始めてバズったぁあああ!!!!!

 

 

しかも最終的に250ブクマくらいになった。震えた。。

ものすごく嬉しくて嬉しくて・・。

神ブロガーからしてみれば100ブクマなんて日常茶飯事なんだろうけど・・私にとっては夢のような数字で、、今までブログ辞めないで続けてきてよかったって本当に思った。

 

それからこの嬉しさを共有したい人がいた。ブログとかやってる人ではない。だから、ハテブ100の喜びが伝わるかは不安だったけど・・ネット世界には詳しい人だからバズったことの喜びは分かってくれるだろうと連絡をした。

 

そこで返ってきた返信が私の喜びを搔き消した。

 

 

 

エロでバズ取る作戦に出たんだw

 

 

 

 

あああああああああああああああああああああああああああ

 

 

確かに谷間画像とかはありましたよ。ありましたけれどもそういう風に言う?

せっかく頑張って初めてのブクマ100取ったのに・・・祝って欲しかっただけなのに・・・そんな風に言う???

マジで一気にテンションがた落ち。嬉しさ半減。一気に冷めた。

もう100ブクマとかどうでもいいわ。どうでもよくなるくらい凹んで傷付いた。。

 

 

でも確かにさ、谷間画像はあったんだよ。だから「エロ」って言われてもしょうがない部分はあるって自分でもそれは分かってたんだよ。理解してる。

でもだから、自分でもなんでこんなに凹んでるのか分からなくて・・・。

それでもこのモヤモヤは伝えたくて思わず「エロじゃないもん!」的なことを言ってしまったものだから「これをエロじゃないって言うような神経なんだね・・・」的なことを返されてしまって余計に凹んで傷付いた。。。。

 

 

正直、件の記事についてエロかどうかの議論は結構どうでもいいと思ってる。

例えば水中ニーソとか見たときに、エロだと思う人もいれば芸術だと思う人もいるし可愛い写真だと思う人もいる。

水中ニーソ

水中ニーソ

 

 エロかどうかの議論なんていうのは「お前がそう思うならそうなんだろうお前ん中ではな」的な議論だと思うから正直どっちでもいい。

 

 

んで、そこまで思ってるのに、なんで私はこんなに傷ついてるんだろう・・・?

 

それが分からなくて、じっくりと内省してみた。

 

 

 

 

例の記事は欲しいものリストから届いたうしじまいい肉さんの「自撮りの教科書」という本のレビュー記事なんだよね。

まず私は、欲しいものリストから届いたものは記事にすると公言してた。だから欲しいものリストから届いた本のレビューは書く。これは正しい。

それから「自撮りの教科書」っていうくらいだから本のレビューに「読んであと参考にして自撮りしました」ってのを入れないとレビュー記事としてはイマイチだと思った。これも正しいと思ってる。

それからこの本はエロティズムがすごい。うしじまさんが得意な路線がふんだんに盛り込まれた本。だからこの本を参考にして自撮りをするというのならば、そのうしじま流を取り入れなければ”本を参考にした”とは言えない。

でも例の記事にも書いてる通り、私は下ネタ路線は30過ぎるまでは手を出さないと決めてる。けど記事にするにはうしじま流を取り入れなければいけない。

そこで苦渋の線引きで出した結論があの記事の自撮りだった。

 

つまり「自撮りの教科書」のレビュー記事としてはあの自撮りは無くてはならない、あるべきものだった。

そのあるべきものを、あるべきものだと判断して載せて、それがバズったんだ。

 

私が悲しかったのはあれをエロだと言われたことでは無く「”バズらせるため”にエロい画像を載せた」と思われたことだったんだと思う。

 

 

私は本のレビュー記事としてあるべきものだと判断して載せたのに!バズらせるためにエロい画像を載せたんじゃないのに!!!!

これが私のテンションがだだ下がりした時の心の声だったんだ。。

 

自分が傷ついた理由がわかった。

 

 

 

 

 

私はさ、、あの時、喜びを共有することで「よかったね、おめでとう」って言われたかっただけなんだよ。。。それなのに、、こんなすれ違いが起こって変な感じになるなんて・・・・。。。

 

人間関係って難しい・・・!

 

 

ああああああああーーーもうひとりでいる!!!

ひとりで引きこもってるのが1番幸せーーーあーーーーー。

 

 

 

 

 っていう恋愛の愚痴でした。おそまつでした。

 

以上!

 

 

 

■ナルキTwitter

■ナルキのめっちゃ長いプロフィール 

 

↓読者登録↓してもらえると励みになります。。

 

feedlyの登録はこちら↓

follow us in feedly

 

【オススメ記事】