読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このつまらない世界に終止符を

旧:引きこもり女子の上京ブログ。つまらない人生から脱却すべく、面白いことを見つけては一生懸命にやるブログ。死んだ目をしたすべての人に…

死にたいと思ったらやる6つのこと

心理学 とあるアラサー女の思考 うつ病・双極性 人のためになるといいな 人のためになるといいな-ライフハック
寒くなってくるとね・・・どうも憂鬱 で死にたいってなることが増える。
そんな死にたい時に私がやるよう心がけていることを今日は紹介します。
 
需要がない方が本当はいいんだけど…。。参考になれば幸いです。

寝る

憂鬱な気持ちになる時は脳が疲れてる可能性があります。
 
脳を休ませるには寝るのが一番です。
 
 
1に睡眠、2に休養、3にお薬
 
これはとある精神科医のお言葉です。
寝るってことはお薬よりも効果がある大事な事らしいです。
 
憂鬱だな…と思ったら、いたずらにTwitterやったりゲームしたり夜更かししたりしないで、、
とにかく寝てーーー!!早く寝てーーー!!!
 
あと真面目な人の場合特に、
やること沢山あるのに寝てられない…って寝ることに罪悪感を感じる必要はないよ。
寝るのも立派な”やるべきこと”なんだよ!
 
 

 

映画を見る

脳が疲れてる時はとにかく”受動的な事をする”に限る。
私が鬱末期の時も医者からは、テレビを見るなど受動的なことをしなさいと言われていました。
映画だとか、ドラマだとか、アニメだとか、好きなものをゆったりと見てください。
あ、お笑いコントとかでもいいね!
  
 

新鮮な美味しいものを食べる

美味しいものを食べるの大事!

なるべく新鮮で良いものを食べて。

 

インスタントとか砂糖たっぷりのとかダメだよ!

新鮮な野菜や魚やお肉にしてください。

 

食べ物なんかで気持ちに変化は起きないでしょ…って思うかもしれないけどさ、考えてみて。

お薬だって飲み込んでるだけで精神に効果があるんだよ?

同じ口から入れてるものが効果ないと思う???

 

食べ物だって精神に影響を与えてるんだよ。

 

 

 

歌を唄う

無理に明るい曲じゃなくていいから、今の自分の気持ちにあった曲を歌う。

大きな声が出せるとこで、思いっきり歌う。
声を出すと気持ちが楽になるよ。


うまいとか下手とか関係ないからね!
人目の気にならないところで思いっきり歌って!

大きな声を出すという行為が大事だから!!

 
 
 

汗をかく

適度な運動は脳を活性化するのでよろしいです。
あまり体が疲れてなければ取り入れてください!
 
ちょっと呼吸が荒くなってやんわり汗をかく程度の運動。
エアロバイクなら30〜40分くらいかな。
私はこれ使ってた。 
 
La・VIE(ラ・ヴィ)折りたたみ式クロスバイクneo 3B-3631

La・VIE(ラ・ヴィ)折りたたみ式クロスバイクneo 3B-3631

 

週に2〜3回、継続してやるとより効果的。
継続してこういうこと出来るってだけでも自分の自信になるし。

 

定期的な運動はうつにも効くらしいです。

その辺はこの本にとっても詳しく書いてるよ。

 

 
 

本を100冊読む

これは長期手段。
本を100冊読んでから死ぬって決める
 
死ぬことを決めるなんて物騒だけど、これには利点が4つあります。
 

1.衝動の抑圧

とりあえず死ぬまでの期間を決めることで唐突に「死にたい」って衝動が来ても抑圧できる。
死ぬのは本を読んでからだ…って自分に言い聞かせられるからね。
「100冊読んであとは死ねるんだ」って安心感もある。
 
死んじゃダメだ死んじゃダメだって考えるより、いつ死ぬかを決めてしまう方が死にたい欲が抑制される。
 

2.時間が解決

これは特に何か原因があって死にたくなった場合(失恋とか)に特に効果的。
 
よく昔から「時間が解決してくれる」って言うよね。
誰しも今まで経験してきて分かってるとは思うけど、時間さえたてば痛みってだんだん和らいでくるんだよね。正常に生きれるようになる。
 
速読マスターでない限り100冊飲むのはなかなか時間がかかりますよね。
そうやって本に時間をかけてる間にだんだん痛みを和らげようって作戦!
それに、本を読んでる間は悩みなネガティブなことを考えなくていいから時間作戦が有効になる。
 

3.知識が助けてくれる

これが一番大切!!
 
本をたくさん読むとそれだけ知識が付く。
知識が付くと自分ではどうしようもないと思って絶望してたことに救済の光が見えてくる。
あ、この問題ってこうやって対処すればいいのでは?こう考えてみればいいんじゃない?って。
 
そうやって知識によって自分で悩み解消の糸口を見つける。
 
それってどんな本を読むのかによるんじゃないの?って思うけどさ、人って面白くて、読みたいって思って取った本に自分の悩み解決につながるようなことが書かれてたりするんだよね。
全然関係ない分野の本だとしても!
 
まぁ、これは別にスピリチュアルな不思議現象ではなくて、心理学的に言うと自分に関係ある情報だけに敏感になる脳のメカニズムのおかげなんだと思うけどね。(カクテルパーティ効果とかもこのメカニズムのおかげ)
 
 

4.自信がつく

死にたくなってる時って、自分に自信がなくなってる事が多い。
もう無理だ…私は生きていけない…って。
 
「本を100冊読む」って結構大変な作業なんだよね。
だからそれを達成できるって自分の自信になる。
 
どんなに小さな自信だとしても、自信を得るってのは超重要。
それが何かをやり遂げることで得た自信ならなおさらに!
 
 
そうやってるうちに100冊読み終えた頃には死にたいって気持ちは無くなってるから!!!!!!!!!!
 
 
 
死にたくなった時は参考にしてください。
むしろ逆に「これやるといいよ!」ってのがあったら教えてください。
 
 
大丈夫だよ!頑張らないで楽しく生きよう。
 
 
以上!
 

 

■ナルキTwitter

■ナルキのめっちゃ長いプロフィール 

欲しいものリスト

 

↓読者登録↓してもらえると励みになります。。

 

feedlyの登録はこちら↓

follow us in feedly

 

【オススメ記事】

うつ病が治った話と私がブログをやる理由【双極性障害】 

 

会社員時代に読書習慣をつけるためにやったこと 

 

貯金200円で会社辞めたら人生楽しくなった話。