読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このつまらない世界に終止符を

旧:引きこもり女子の上京ブログ。つまらない人生から脱却すべく、面白いことを見つけては一生懸命にやるブログ。死んだ目をしたすべての人に…

夢と現実の間と足の指の間に挟むやつ

東京生活 自由

今日私は自分の足が”3本あると実感”した。

 

それは今まで感じたことのない新しい”感覚”だった。

 

その記録を記す。

 

 

 

足の指の間に挟むやつ

 

足の指の間に挟むやつ。

 

これ↓

 

f:id:naruki_h:20160731192916j:plain

 

 

「リフレッシュパッド」や「セパレーター」と呼ばれてるっぽい。

足指小町 リフレッシュパッド ピンク

足指小町 リフレッシュパッド ピンク

 

 

この記事のためにググって知ったけど、むくみの解消にも良いらしい。

そういう情報は早く言って欲しいものだ。

 

 

 

そんなことも知らないで、どうしてこれを使っていたのかと言うと、

フットネイルをするためである。

 

 

読んで字のごとく、足のネイル

 

 

 

女性なら言わずもがな承知だろうから詳細は省くが、

これはフットネイルの必需品なのである。

 

 

 

 

 

私も例外なく、これを使って塗り塗りした。

 

 

ネイルを乾かしてる間、動き回ることもできないのでぼーっとしていた。

 

するとだんだんウトウトしてきた。

 

 

 

リフレッシュパッドを足に付けたまま。

 

 

 

 

眠るでも起きるでもないその境界。

 

夢と現実が交差する間(あるいはもしかしたらそれこそが「現実」なのかもしれない)、私は朦朧とする意識の中で自分の足が確かに”3本ある”という感覚を持った。

 

 

それ以上には形容しがたい。

 

ただ、そう、

「自分の足が3本ある」

そうとしか言いようがない感覚だった。

 

 

 

馬鹿げている。そんなことがあるはずはない!

 

 

 

 

そんなことは重々承知である。

だがしかし、確かに足は3本あるのだ。

その紛れもない感覚を脳が認識しているのだ。

 

 

 

 

 

 

意識を足に集中させる。

そうして3本目の足を動かそうと試みる。

 

するとどうだろう・・

 

さっきまで確かに”あった”はずの感覚は、不確かなものになり、あやふやな感覚へと変わった。

 

 

3本目の足があるのか?ないのか?

感覚はますます不安定になる。

(ここで重要なのは”ない”とも言い切れないということだ)

 

 

 

しかし一度また足への集中をやめてみると3本目の感覚は戻ってくる。

 

 

 

 

そんなことを繰り返しながら、

 

 

 

 

 

 

 

 

気づくと私の貴重な日曜は、終わろうとしていた。

 

 

 

 

罪深い。

 

 

 

 

【こんな記事アルヨ】